HOME

ビジネスを24時間行なう時代

人間は必要とされて生きる生き物です。そのため、無人島では食料が沢山あっても、生きていけません。寂しくて寂しくて仕方がないのです。

そのため、つねに誰かに必要とされていたいという気持ちを持てる環境を作ることに成功しました。それがパソコンであり、インターネットを通して行なうことのできるビジネススタイルです。このビジネススタイルなら24時間必要とされる環境を整えることが出来ます。そのため寂しいという思いは完全に消えます。

しかし24時間働き続けることのできる人間はいません。コントールしようとしても、夜には思考が低下してしまいます。また同じ姿勢で仕事をしているのもよくありません。時々身体を動かしに外に足を運ばなければ、体がおかしくなってしまうのです。

つまり必要とされ続けることの意識をすることはできても、行動は取れないのです。それをこれからの時代は共有していかなければ、過労で倒れてしまいます。

今まではお客が第一主義でした。しかしこのようなビジネス環境で働くようになってしまうと、お客が従業員を心配できるような意識をもてなければなりません。お客のいいなりになってしまえば倒れてしまうからです。

近代のビジネススタイルは根本的に昔と違っていかなければなりません。それを知らなければ仕事を継続的に続けることはできません。お金があっても、眠る時間がなければ、体力は続かないのです。ビジネスだからと言ってお金を払えばそれで良しと言う考えではなく、気遣いも貰わなければなりません。

What's New(新着情報)

HOME